最近は研修制度が充実してる会社が多いです

研修制度は以前からありますが、最近はシステム化される場合が多いです。未経験の人でも短期間で仕事ができるような研修が増えています。


特に多くの人員を必要とする職種では研修制度が充実してる場合が多いです。

その代表的な例がオペレーター業務になります。ネットや通販の拡大で多くのオペレーターの人員が必要になります。
多くのオペレーターを短期間で育成する必要性が高いです。

登記情報を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

その為に研修は個人差が出ないような体系的な内容になっています。

まずは座学研修がスタートします。

安全看板の情報ならこちらにお任せ下さい。

この段階では電話を取る事はなく、業務知識を覚える事から始めます。

業務に対する心理的な不安を取り除く事から始めます。

座学研修を修了してから、実際に電話を取る業務を行います。
その時も横に指導員が付く形になります。


最初の頃はすぐに指導員に電話を交代する事ができます。

便利な図書館の名簿の情報収集がもっと楽になります。

またマニュアルも配布されますので、参考にしながら対応する事ができます。
オペレーターはノルマはありませんので、顧客からの問い合わせに正確に対応できる事が要求されます。

神戸の会社設立の情報が必要なタイミングで手に入ります。

また指導員に電話を変わる時は、メモをしっかり取る事が大切です。
指導員のアドバイスもできればメモをすると良いです。メモは休憩時間に読み返すと理解が深まります。


オペレーター業務では、気持ちは常に落ち着いた状態に保つ事が大切です。


ベテランのオペレーターの対応をじっくり観察すると良いです。

きめ細やかな指導システムになってますので、無理なく業務を習得する事が可能になります。

アンテナ工事をわかりやすく説明しています。

オペレーター以外でもきめ細かい研修を行ってる会社が多いです。

研修の場所は社内が多いですが、中には合宿を伴う場合もあります。合宿の場合はより短期間で業務を覚える事ができます。

また合宿の場合は社内の色々な人と交流できる良さもあります。
指導員はベテラン社員が担当する事が多いです。

しかし最近は研修指導を専門とする会社に委託する場合も増えています。

その場合はさらに密度の濃い指導を受ける事ができます。

https://www.youtube.com/watch?v=0l_MGVNwkaM
https://twitter.com/shiwa_kaizen
https://www.facebook.com/eigyokyoiku