フォトブックにチャレンジしました

デジカメや携帯電話、スマートフォンの普及で写真を撮ると言うことが日常的な世の中になってきました。
かく言う私もちょっとしたときに景色や子供たちをカメラに納めて楽しんでいます。




そうして手軽に簡単に記憶を残しておけるようになったのはとても喜ばしく、写真は日に日に一枚、また一枚と増えていきます。
そう、増えていくんです。

撮りためた写真たちを他の人はどうしているんだろうと考えます。
デジカメのメモリーの中に膨大な思い出たちを見返す機会は、実はあまりありません。

そこで利用したいのが「フォトブック」です。

フォトブックというのはいわば簡単に作れる写真集です。


フォトブックを扱う店頭やインターネットで注文できるアルバムのこと。

営業の電話情報が絶対見つかります。

特別な知識もソフトも必要なく、大きなサイズのものからキーホルダーとして使えるような小さなものまでサイズも様々。

レイアウトデザインも豊富でシンプルなものからキュートなもの、ちょっと気張った革製のものまで。




本にしたい写真を必要枚数選んで、お店で、家で簡単に注文できます。
背景や文字入れもできたり、選べるフレームを撮った写真に合成したり。
日常的にちょっと見たいというフォトブックを作ることもあれば、記念に人に送るためにちょっと贅沢なフォトブックを作ったりも出来ます。
難しいことは本当に何もなく、言ってしまえば写真を選ぶ”だけ”で作れます。

作ってみたけど、なんだか気に入らない。

バッグメーカーの新しい魅力を紹介します。

そんな時でも返品できる会社もあります。

気軽にいつでも写真を撮れるけれど、見直すことがなければ撮った写真も意味がありません。

フォトブックを利用すれば、イベントごとにまとめて一冊の本を作ったり、ハードカバーで作った本を開いて棚の上に飾っておいたり。

闇パチスロが最近こちらで話題になりました。

思い出をデータに閉じ込めるだけでなく、フォトブックという形にして日常の中にちりばめることが可能になります。

しかも長持ち高品質。


プリンターでプリントアウトするだけじゃもったいない。

デジカメ、携帯電話に入れっぱなしなんてかわいそう。

私はフォトブックで思い出たちを解き放したような、そんな気分になりました。

http://matome.naver.jp/odai/2135547917280109801
http://kitaakita-shakyo.or.jp/zaitaku/annshin.html
https://www.youtube.com/watch?v=XjOVmtgyQqc