名簿業者の役割と今後について

名簿業者と聞くと個人情報の観点から後ろ向きに感じられる部分もあるかもしれませんが、この名簿業者から個人情報についての動向を見てみると、個人情報管理の歴史を知ることができます。

以前であれば、卒業アルバムなどの最後のページに教師も含めて各個人の住所や場合によっては電話番号も記載されており、例えば年賀状を書くなどの場合に活用することができましたが、今では名簿業者からそういったものを買い取って、勧誘活動に活用するなどのことが社会問題となっている部分もあり、この辺りは非常に注意しなければいけない部分があります。こういった使い方をする名簿業者があることは事実ですが、逆にこういったことをもとに個人情報がかなり手に入りにくい状況になっている現状もあるため、地方自治体などのどうしても情報を取得しなければいけない場合には非常に困難となってしまいます。
例えば孤独死などの問題もあり、いわゆる独居老人などの場合では、身寄りに関する情報などがなければ、連絡が取れないといった場合には、ちゃんとした名簿業者が必要となる部分でもあります。
また、商業利用ということを考えれば、名簿業者は究極のマーケティング企業であるということができます。


最近では、電子マネーの普及もあり、特定の企業が発行しているカードを使いかかった金額に対しての一部分がポイントとして還元される仕組みが取られていますが、ある意味では、そういった還元がある代わりに個人の購買志向や、どういったものをどのような時間に購入しているかなどの情報を提供しているということが言えます。


そういったことから、複数の業態をまたいで電子マネーの提携をしている企業もありますが、そうなればより横断的な購買行動を知ることができ、その人の購買志向に合った商品を例えばメールで知らせるなどという方法ができ、より効率的な広告展開ができます。
そういったことを考えても個人情報の扱いは非常に重要になります。

http://www.sakko.co.jp/
https://www.facebook.com/hypergear.BCP
https://www.youtube.com/watch?v=kR5RrC0Np0Y

今すぐ見つかる新入社員研修に有益な情報の紹介です。

オフィス移転の費用の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

マネジメントの研修に関して最新情報を教えます。

インターネット広告代理店情報に関する耳より情報を公開しています。

口コミ広告の喜びの声を頂いています。