永代供養墓を選ぶポイントとは

永代供養墓は自分が生きているうちに購入することが出来るので自分の死んだ後にどのような扱われ方や供養がされるようになるのかを見定めることが出来ますし、費用の面でも自分で決めることが出来ます。



自分が死んだ後、遺族に負担をかけないという点も魅力的だと言われていますし、墓参りしなくても寺院が一年間に必要な供養をしてくれるので死後の魂の慰めにもなります。



それでは永代供養墓を選ぶ上で、どのようなポイントが重要なのかということを考えなくてはなりません。
個人ごとの考え方でも異なりますが、まずは運営団体がどこかが大切です。



寺院の場合なら安心だと思われがちですが、業者に一任している所も多く、中にはたくさんの寺院が丸投げをしているような場合もあります。
業者にまかせっきりなところは永代供養のサービスの面で不安が残りますから、寺院が運営している場合でも吟味する必要があります。

民間の霊園が運営している所も多くあります。



基本的には宗教などが不問なのが永代供養簿の特徴なのですが、中にはその寺院の檀家になったり帰依を求められたり、特定の宗教だとダメな場合もまれにあるので気を付けましょう。

次に形態です。



永代供養墓には色々なタイプのものがあります。


個人や夫婦で個別に納骨してくれるところもあれば、最初から合祀のところもありますし、通常のお墓に永代供養プランがついているものなどがあります。自分の依頼する寺院がどのようなシステムかを知ることが肝心です。



関連リンク

永代供養墓を選ぶポイントとは


永代供養墓は自分が生きているうちに購入することが出来るので自分の死んだ後にどのような扱われ方や供養がされるようになるのかを見定めることが出来ますし、費用の面でも自分で決めることが出来ます。自分が死んだ後、遺族に負担をかけないという点も魅力的だと言われていますし、墓参りしなくても寺院が一年間に必要な供養をしてくれるので死後の魂の慰めにもなります。...

永代供養墓に対応している所を探す方法


自分が亡くなった後にお墓の維持や管理などをさせたくないという人や、墓石の購入が経済的に困難な人、墓石や葬式に費用をかけるよりは他の費用に使いたい人など従来のお墓から永代供養墓に切り替える人が増えています。寺院側も永代供養希望者を多く集めるために様々なサービスを打ち出しています。...