機密文書の処分は最終工程まで確認する事をお勧めします

個人情報保護法の関係で、機密文章に該当する書類が増え処分には非常に気を使わなければいけません。

従来から有る会社の戦略に関する機密文書は、外部に漏れると会社の経営に多大な影響が出る事が書類を扱う人達にも直感的に判るので取り扱いには注意をして貰えますし該当する書類も人数も限られていて管理が楽でした。
しかし、個人情報保護法で個人情報も管理の範囲に入り、個人の住所、電話番号等個人が特定出来る情報が入った書類も管理しなければいけませんが、これが大変な労力を必要とされます。

機密文書として個人情報が入っている書類は、接客関係の仕事であれば膨大な数に及び取り扱う人数もほぼ全社員となります。これを、管理して最終的には集めて処分するには色々なルールを作り社員に徹底しないと出来ません。

ミストコレクターをさらに詳しく調べてみませんか。

例えば、個人情報が入った書類は、分散して保管するのでは無く一元で管理したり。


仕事上で個人情報をメモした場合は使用後シュレッダーに即時にかけるとか、社員に対して個人情報管理の重要性を勉強会を開いて教育したり色々な対策を考え個人情報の流出を防がなければいけません。

そして、最終的には不要になった書類の処分にも気を使わないと個人情報流出の原因となってしまいます。

千葉のシロアリサイトで情報を入手してみて下さい。

管理外の一般書類の処分は廃棄物としてそのまま出せば良いですが、機密文書の処分はそういう訳にはいきません。

廃棄物として出すのは同じですが、出す前に流出の対策を講じるか、出した後に対策を講じるか決めなければなりません。


株式会社グリーンフィールドに関する詳細はこちらです。

出す前に対策を講じるのであれば、シュレッダーに掛けてから出す事になりますが、このシュレッダーも要注意です。

シュレッダーには大きく分けて二種類のカット形状が有ります。

一つは安価なストレートカット。

口コミや評判の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

もう一つはクロスカットです。

名簿閲覧の情報を公開しているサイトです。

ストレートカットでは書類の掛け方によりシュレッダーしても内容が読み取れる場合が有るので機密文書の処理には適していないのでクロスカットを使用する事をお勧めします。

出した後の対策は、廃棄物業者の処理方法に任せる事になりますが、業者を選定する時に必ず業者の作業工程を確認して機密文書の処理手順が守られているか確認しておかないと、手抜き処理で機密文書が流出して被害を被る事になります。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjams/21/2/21_2_295/_article/-char/ja/
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=300-20130907-60-33111
https://www.facebook.com/events/472640386161105/